いつだって全力なんだ

中島健人くんを見守るブログ。気ままに更新中。

軽々しく「セクシーサンキュー」を羨やむべからず

健人くん本人はもう5年以上口にしている「セクシーサンキュー」「Sexy thank you」。
ここ1,2年でたくさんの人に認知されるようになりました。
単に私の感覚的なものですが、3人体制が終わって嵐と共演できるようになってから、嵐がセクシーサンキューいじりをしてくれるようになった頃にジャニーズファンの間で認知され始め、ゴチで岡村さんがセクシーサンキューいじりをしてくれるようになって一般の方々にもだいぶしっかりと認知されたなぁと思います。
健人くんが絶妙なタイミングで発する「セクシーサンキュー」という言葉は、セクシーとサンキューという普通ならくっつかない言葉同士のアンバランスさがあるのにとてもキャッチーで覚えやすくて、ドッと笑いを起こせるような、まさにパワーワードとなりました。

健人くんが上手なのは、セクシーサンキューだけだと、流行ったのちに飽きられてしまった可能性が高いところ、
・マイプレジャーセクシー(どういたしまして)
・セクシーストップ(ゴチにて)
・セクシーカモン(紅白にて)
・他のセクシー達(メンバーのこと)
などなど、他にもたくさんのセクシーの変化球を投げ続けているため、セクシーサンキューが飽きられていないところ。
むしろ、単純な「セクシーサンキュー」が発せられると、「お!本家本元!」みたいな感じで貴重がられたりしちゃって。すごいですよね。さすが健人くん。もうセクシーサンキューは健人くんの名刺代わりのようなものです。

こんなにもパワーワードなので、「セクシーサンキュー」を羨やむようなコメントをする方々がいらっしゃいます。ジャニーズの仲間からも、はたまた笑いを取れるからと芸人さんからも、羨やむ声が聞こえたりするのです。本当に有り難く嬉しいことです。これまた、さすが健人くん。

でも、この「セクシーサンキュー」はそんなすぐに上手く軌道に乗ったわけではありません。
最初に言い始めたときは、セクラバだって???だったし、セクラバが徐々に慣れてきても、他の方々は???だし、あるいはwwwといった評価で、決してパワーワードではありませんでした。
むしろ、発するたびに苦笑され、失笑され、バカにされてきました。それを健人くんはずーっと、ずーっと、耐えて投げ出さないで言い続けてきました。
健人くん、どんだけ鋼のメンタル!って思うじゃないですか。
違います。
健人くんファンの方々はご存知だと思いますが、健人くんの心はとても繊細です。
苦笑され、失笑され、バカにされて、それに全部傷ついてきたのです。
それでも言い続けた。やり抜いてきたのです。SexyZoneというグループ名を広めたいという確固たる信念があるから。グループ名に嘆くことなく、それを味方に武器に。何事も前向きに捉える健人くんらしいです。

そして健人くんには何より度胸があります。
度胸といえば、デビュー前、Jr時代の、もう9年10年前のことですが、今でも鮮明に覚えているシーンから2つ紹介します。当時はB.I. Shadowで、セクゾではありませんでしたので、セクシー関連ではありません。

1つ目は、当時あった滝チャンネルという毎週配信のJr動画。滝チャンネルはタッキーがプロデュースしていたのでタッキー傘下にいなかったBIはほとんど出ていませんでした。
でもいざ出るとなれば貴重なチャンスなわけで、健人くんは出られた回の自己紹介で「胸きゅん ばっきゅん 君にきゅん!中島健人でーす!」と言い放ったのです。しかもしっかりポーズ付きでした。周りは優しく微笑みながらも失笑という感じでしたが、気にせずぶっこむ健人くん。(注:タッキーから自己紹介前にキャッチフレーズをとは言われていないし、今ほどJrの中で胸キュンを言ってみよう、やってみようという機会があまりなかった時期)
私はその滝チャンネルの動画を見たとき、度胸あるな〜!突き抜けてるな〜!と感心しました。健人くんのすごいところは先輩の前でも平気でぶっこむところです。そしてどんなチャンスも逃さない、印象に残るようなインパクトを、真剣にそう考えているんだと感じました。そのシーンははっきり脳裏に焼き付いています。次はどんなことをやってくれるんだろうってワクワク、そして毎度失笑されるのでハラハラしながら見ていました。多分入所してまだ2年くらいの頃。その頃から既に度胸がありましたね。

また2つ目は、同じくらいの時期の少クラで、RealFaceの舌打ちをかっこよくやる選手権のようなものがありまして、健人くんも出ていました。他の出場者は照れながらもかっこよく決めるわけですが、健人くんは、歌の部分から世界に入り込み、舌打ち直前にはターンを決め、めっちゃかっこつけて舌打ち!と、また突き抜けていました。照れは一切なし。
何がすごいって、その時は審査員として亀梨くん本人が目の前にいたのです。やはり先輩の前でも関係ありません。あと、当時の少クラはエビキスの人気が凄まじくて、エビキスへの声援がものすごく大きく、それ以外のJrには若干アウェイ感漂っていたわけですが、そんなことも関係なしです。で、その時亀梨くんが(まだ健人くんのことをあまり知らない時期)、「中島くんはやり切るね〜!」って言ってくれたんです。中丸くん(当時の少クラ司会)も「そうなんだよ」と同調してくれていました。やっぱり健人くんって度胸あるな、先輩から見てもそうなんだなって納得したシーンでした。

この2つ以外にも失笑を恐れずにぶっこむ健人くんをたくさん見てきました。当時は見てるこちらはハラハラすることもありましたが笑、今はもうその懸命さを認めてくれる方が健人くんの周りにたくさんいるので安心して見ています。もちろん一番近くで認めてくれているのはメンバーたち。

「セクシーサンキュー」には、健人くんの
・度胸 (決して照れない、恥ずかしがらないこと)
・失笑されてもやり切る力、やり抜く力、やり続ける力
が詰まっているのです。

「セクシーサンキュー」が羨ましがられることは本当に有り難く嬉しいこと。失笑ばかりだった頃からすると夢のような世界。
タイトルは、そのままタイトルの通り軽々しく羨まないでと言いたいのではなく、ファンはちゃんと見てきたよっていう意味です。どんどん羨んでほしいです!
ローマは一日にして成らず、を実際に見ることができている、そんな気分です。

カウコンの放送後に東京ドームで、オールジャニーズの前で、東山さんがタッキー達への贈る言葉で「セクシーサンキュー」と言ってくれてみんなが笑ってくれたと知ったとき、そしてそれを「バケット」で嬉しそうに報告している健人くんを見たとき、よかったねー(T_T)と胸がいっぱいになりました。
いわば、そこがひとつの節目となるくらいのインパクトがありました。
もっともっと羨んでもらえるような、スーパーパワーワードになっていくよう願っています!
次はどんな用語が飛び出すのか。楽しみです。

そして、アオハルTV。この大きなチャンスを風磨くんと勝利くんががっちり掴めますように!

最後に。
嵐の活動休止。驚きましたし寂しいですが、彼らのトップを走り続けた活動期間を思うと納得する気持ちもあります。
一名脱退でもなく、解散でもなく、活動休止に辿り着いた、5人全員の絆と覚悟と優しさにただただ胸を打たれました。トップになることも大変だけどトップでい続けることはもっと大変。そしてグループの場合は全員が同じ方向を見てトップを走り続けることはもっともっと大変。「トップを目指そう」という時期は同じ方向を見やすいけど、トップになってからは目標や目指す場所が同じ方向になるとは限らないから。
今回の嵐は休止ですが、やはりジャニーズのグループはいつか解散するものなんだった…と再認識した瞬間でした。SMAPが長かったからちょっと忘れてしまっていたけど、光GENJIだって他にもみんな解散してきたんだって。たくさんの名曲を残して。リアルタイムでは見ていなかったから実感なかったけど。いやー、でも寂しい。切ない。
だから今、Sexy Zoneを応援できること、とても幸福なことだなって思います。今を全力で応援しよう。3人体制の後にも思っていたことですが、当たり前と思わずに全力で応援しよう。彼らのいる景色を心の宝物として大事にしよう。改めてそう決意しました。

 

*****

2019/3/30追記

今日はマリウスの誕生日であり、セクゾは大阪公演中であり、らじらーは最終回ですが、「セクシーサンキュー」のパロがバズっているではありませんか!

1週間前にもTwitterでセクシーサンキューがやたら出ている?バズっている?と思っていたのですが、今もバズっているではありませんか。すごー!毎分毎秒のように誰かしらセクシーサンキューって呟いている。すごー!いろんな方がアニメキャラなどでセクシーサンキューパロをアップしている。すごー!

パロディの元ネタは健人くんがしゃべくり007(2016/9/12)に出演したときのシーンですね。しゃべくりの皆さんに大感謝ですね。笑いっぱなしの楽しい回でしたもんね。録画を引っ張り出してきてまた見たいと思います!

 

2019/4/25

今日はぐるナイのゴチの中で「セクシーサンキューゲーム」なんてコーナーがありました。ついにゲームになってしまったセクシーサンキュー!笑

面白かったですね!みなさんが壊れかけて全力で叫ぶ姿に爆笑しました。山崎賢人くんも本郷奏多くんもやりきってくれて嬉しかったです。いつも、セクシーサンキューをいじってくれるゴチにもゴチのメンバーのみなさんにも、こちらも大感謝ですね。

岡村さんが毎度毎度「いちいちかっこつけるな!」と怒りながら健人くんに突っ込んでくれるシーンが好きです。もちろんそのツッコミに愛が詰まっているのも分かっています。健人くんの言動にはツッコミが必要なので(本人は本気で素ですが)、突っ込まれることで笑いにしてくれて、見てる側もさらに楽しい気持ちになるので好きなんです。

セクシーサンキュー。次はどんなステージが待っているかな。笑