いつだって全力なんだ

中島健人くんを見守るブログ。気ままに更新中。

大嫌いだけど大好きだった。ふまけんはドラマチック。

今年は健人くんがデビュー当時の本音を教えてくれました。
それでは、2011年、デビュー当時の気持ちを振り返ってみましょう。(一ファンのです笑)

朝のめざましテレビにて、ジャニーズから新グループデビュー!というニュースを見かける。←2011年当時はほとんどSNSをチェックしていなかった。
なんと健人くんが喋っているではないか!

「デビュー!?おめでとう!!中山優馬 w/B.I.Shadow & NYC boysのときはまたJrに戻ってしまったけど、今度こそ本当だよね!?今年は既にキスマイがデビューしたからW杯デビュー自体があるのか分からなかったけど…、デビューあったんだ!」
「ん?BIは?」
「BI解散?」
「え?Sexy Zoneとは?史上最年少グループとは。」
「え!ほっくんは?高知くんは?」
「ってか、この3人は!?」
「よく知らないよ!推されていたのはK本くんじゃないの?違うの?」
「いやいや、待って。BIは?」←2度目
「風磨くんは一緒なんだ。」
「薔薇?」
「立ち位置、今後もこれ?健人くんが後列?どういうこと?」
「センターは?え?もう、なんなんだー!!!」
後日、よく曲を聴いてみて…
「サビのメインボーカルは誰なの?ふまけんじゃない…」
※注:最近歌っている少し音程をさげたSexy Zone(曲名)じゃなくて、デビュー当時の、CD収録の方のSexy Zone(曲名)の方のことです。

デ、デビューは嬉しい!
でも、BIはーーーーーーーーー!?!?!?!?!?!?
ララリラは?もう聞けないの?4人いれば十分だぜ…。もう聞けないんだ。

嬉しいんだけど悲しい。
嬉しいんだけど悲しい涙が出てくる。
健人くんのデビュー、心から嬉しいはずなのに…。
でも健人くんだけでなく、本当にBIを応援していたから。
当時、ほっくんなんて健人くんと同じ高校を選んで進学してくれたりしてたんですよ。
ふまけんとゆごほくが離れるって考えられなかったんです。もうショックで。

BIなくなっちゃった。
ジャニーズ史上最年少グループのデビューのフォローのためって思ってしまう…。
もういいや。ファンやめよう。
突然のことすぎて、私は一度少しだけ離れました。
デビュー発表が2011年9月のことで、私はそのときプライベートなことで人生で一番ナーバスだったと言っても過言ではない時期で、衝撃についていけなかったのです。

でも11月、デビュー日がいよいよ近づいている中で、再び少クラを見てみました。
すると。そこには衝撃にめげず、SexyZoneとして笑顔で歌って踊る健人くんがいました。
私たちファンより、ずっとずっと戸惑いがあるはずなのに、こんなに笑顔で全力で。
やめるなんてできない、健人くんのファンをやめるなんてできない!この笑顔の健人くんを応援しないと!
しかも健人くん、当時、ネガティブなことを全く言いませんでした。
デビューが嬉しい、これから頑張っていく、そういう前向きな発言ばかりでした。
今になって当時の気持ちをネガティブなワードで振り返ってくれましたが、当時は一切ネガティブなことを言いませんでした。本当に一切。だから風磨くんがその態度に反抗してしまったというのもあるのですが…。風磨くんは仲間を大切にするから、ゆごほくへの思いをなかなか断ち切れませんでした。健人くんだってそれは同じ。でも一切表には出しませんでした。だから二人に少しずつ溝が出来てしまったと思います。
前にも書きましたが、この時点でふまけんは入所3年半。まだまだ浅い。でも入所1年以内の他の3人(しかも小学生と中学生)を前にしたら、かなりしっかりしないといけない。
17歳の健人くんと16歳の風磨くん。まだまだ若い、まだまだ未熟、まだまだ自分たちだって先輩に頼りたいことだってある、二人にとってこのデビューは試練の始まりとなりました。

そこから来るわ来るわ、どんどん試練が。
大きなことで言えば、3人体制。派閥。経験しなくて済むなら経験しなくていいようなこと。
リアルに、「大人が決めたやり方 それが正解なの?」
でもバレーデビュー組は結構あるんですよね、こういう類のことが。元々のグループを解散させて、そのうちの何人かをくっつけてデビュー、それがバレーデビュー組には多かったのです。
(今年のバレーがジャニーズWESTになったのはびっくりしましたが!)
紆余曲折がありすぎて、ストレートにグループが成長していけないなんて。そうもどかしく思いながらずっと健人くんを応援してきました。

デビューのあとは、割とすぐにふまけんは前列になり、歌もふまけんパートが多くなり、サビもふまけんの声がかなり大きくなり。
その一方で健人くん個人は、ドラマや映画に出演、あるいは主演していき、先陣を切ってお仕事してきました。ジャニワなどの舞台も並行して出ていましたし、大学も通っていましたし、多忙すぎて本気で健人くんの健康を心配していた時期でもあります。

健人くんを応援していく中で、もちろんSexyZoneの他の4人のことも見てきました。そのそれぞれの関係性の変化も。デビュー時はほとんど知らなかった3人のことをどんどん知るにつれて、3人の成長もあり、頼もしくなっていき、魅力を感じるようになりました。
大好きになりました。
(風磨くんとの関係はまた特別なので、過去記事に何回も書いてきたように、一言では言い表せません。)

私は健人くんを知ってから、BIの健人くんを2年半くらい応援していたのですが、あっという間にその2年半をSexyZoneとしての健人くんが超えていきます。そしてふまけんがJrだった3年半もあっという間に超えていきます。

今はもうすぐSexyZoneが8周年ですよね。先日は結成日記念でしたね。それくらい時間が経ち、健人くんがMyojo「キミと暮らせたら。」で当時の気持ちを吐き出せるようになりました。
テキストを読んで、すごくホッとしました。健人くんがここまでの本音を吐けるようになったんだって。雑誌なのでもちろんメンバーも読みますよね。
そのキミ暮らにて、健人くんが風磨くんに対して言ったという「大嫌いだけど大好きだった」って、あー、それだ。って腑に落ちました。根本は大好きなんだよね。だから単なる大嫌いにはなれなかったんだろうな。ずっと。
氷河期、不仲時期の風磨くん、曲で踊らない(特に少クラ)わ、あまり笑わないわ、やる気ないわ、で、事情を知らないひとが見たらどう見えるんだろうか…デビューできなかったJrのファンにはどう見えるんだろうか…、と毎度思っていました。これでデビュー組?悔しい!って思っちゃうよねって。どんなことがあってもデビュー組はデビューしたってことなので、もっと前を向いてほしいって思っていました。だから、今、ふまけんの良好な関係やパフォーマンスを見るたびに私が涙してしまうのは、どんなに辛い時も笑顔で全力だった健人くんの頑張りが報われて良かった、そう思うからです。
こんな状態になれるなんて当時は思えなかったので、勝手に涙が出ちゃうのです。
ananでも「うまくいかない時期が正直あった」って風磨くんとの関係について本音を語っています。明星とanan、まずは自分の個人連載のある雑誌でそういう本音を語ってくれる健人くんが、やっぱり健人くんだよなと思いました。重版おめでとう!

でもさ、健人くんがモヤモヤしてたのと同じくらい、風磨くんだってモヤモヤしていたはずで、2人が越えてきたその壁の向こうに、今回の「ananふまけん表紙、完売続出!発売日に重版決定!」のような勢いのある素晴らしい未来が待っていたんだよね。しかも内容が「仕事も友情も、ふたりの関係は、奇跡を起こす!相性の化学反応。」
2人共、お互いにずっとよく耐えてきてくれたなって思います。だからこそある、こんなドラマチックな今。このストーリーがまた一層ふまけんを魅力的に魅せてくれています。

books.rakuten.co.jp ※もう購入はできません

そして、この話には素敵な続きがありまして…
SixTONESSnowManがデビュー決定!
つ、つまりは、ほっくんと高知くんがでデビューですよ。デビュー。
2011年に突然解体されてしまったBI。
あれから8年、来年のデビューのときは9年か。
9年。
松村北斗くん、高地優吾くん、おめでとうー!!本当に嬉しい。嬉しいよ。
もうBIはないんだけど、SexyZoneとSixTONESで別々だけど、4人ともデビューできたね。
(でもBIはまだ解散してないって冗談で言い合うって雑誌で言ってた(T_T))

こんな未来が待ってたんだー。
辞めないで、腐らないで、頑張り続けたその先に。
そっか、こんな未来が…。(号泣)
KTTの縦読みね、「美愛影おめでとう」。
もちろんすぐ気づきました。
美愛影って文字列にすぐ反応するのは変わっていませんでした。

でも今の私はセクゾだけを見ているよ。
これからも5人で、てっぺん目指して、前に上にと進んでいって欲しいです。

ただ、そのままデビューできるSixTONESはいいとして、SnowManの方は最近人数が増えた(つまりは他グループから引き抜いた形)ので、セクゾ デビューのときのゆごほくの状況に被るメンバーとそのファンがいると思います。
これから本人たちがどう前を向いていくか、ファンはそれを応援していくしかできないけど、本人たちもファンもすぐには前を向くことは難しいかもしれないけど、今のJrはYouTubeやISLAND TVを始めとして、ウェブでのチャンスが前より明らかに広がってきているので、今後あるであろうチャンスを掴んでいって欲しいなと思います。見てくれるひとはちゃんと見てくれているから。
健人くんが雑誌で海外のファンについて言及していましたが、YouTubeなどは海外からでも見られるので本当に羨ましいです。
私は海外に住んでいたことがありますが、ネット配信をしないジャニーズは特に海外から応援するのが困難でした。CDを買わないと音源は手に入らず、もちろん海外現地ではCDは購入できず。リアルタイムで楽しめないのですよね。ドラマ配信なども海外の回線からだと弾かれちゃうんです。でも、海外でもNHKの少クラは見られて、だからデビュー組よりJrに詳しいなんて状態になったりします。せっかくネットが発達した世の中になったのに勿体ないですよね、機会ロスというか。
ぜひセクゾも海外から気軽に応援できるようになるといいと私は思います!
ネット進出すると、ジャニーズの特別感がなくなると反対意見もあるとは思いますが、そうするといつまでたってもチャンスロスな気がしてしまい…、難しいところですね。でも山下くんのインスタなんて反響が桁違いですし、ウェブにチャンスはたくさん転がっているように見えます。KTTの顔の写真はファンクラブ会員だけに、などの配慮もしてくれるような健人くんなので、きっと特別感を残しながらもネット進出していけるんじゃないかと思います。

もうすぐ今年初のシングル発売。麒麟の子 / Honey Honey。待ってた!嬉しい。歌って踊るみんなを見ると、やっぱりセクゾが好き!って思う。
グループでの露出は確かに少ない今年だけども。でも、私は知っている。セクゾの真面目さ、礼儀正しさ、謙虚な気持ち、品の良さ。夢を売るアイドルとしてのあり方。ファンを決して裏切らない。一部じゃなくて、全員。
真面目な人が損をする世界かもしれない。でも、私は真面目な方が好き。
目の前のお仕事を1つ1つ大切に、本人たちもファンも。今は特に、みんながそう過ごしているのがよく分かります。
だから驚キュレーションに抜擢されたりするんだよね。繋がるお仕事。面白かったですし、分かりやすかったですし、反響がよければレギュラー番組になるかもしれないですね。

www.mbs.jp

あー。秋ですね。秋になると聡ちゃん…元気かな?って思う回数が増えました。このSNS時代に、聡ちゃんの目撃情報ぜーんぜんないじゃないですか。聡ちゃんもまた真面目に過ごしているんだろうな。聡ちゃんが休養に入ってからまだ1年も経ってないのですよね。聡ちゃんの笑顔に会えなさすぎて、なんかもう何年も離れてる感じがしてしまいます。
でも、早く復帰してほしい!とは思っていなくて、難しい病だと重々承知しているので、元気かなー?楽しいことなにかあったかなー?って思う日々なのです。

最後に、金髪の健人くん、かっこいいよ〜!ハニーゴールド。新鮮。金髪にしても不良っぽくならないのが健人くんらしい。金髪でも品がありますね。すごっ!
黒髪の健人くんが一番好きだけど、金髪だって似合っちゃう、何だって似合っちゃう、結局、どんな健人くんだってかっこいい〜!それだけで今日も頑張れます(^^)「金髪ケンティー」、好評のようで嬉しいですね!
コンビ大賞もめでたいし、今年はガルボやananを筆頭にふまけん年。
ハムレット(今日で東京公演は終わりますが、評判とてもいいみたいですね!)の見学を25日にする健人くん。記念日を大切にする付き合いたてのカップルかと思いきや、もう10年もずーっと一緒にいるシンメです。

やっぱりふまけんはドラマチック。

www.youtube.com

2019/10/7追記

明日明後日からセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートガルボ3個買うと、ふまけんの下敷きをもらえるって!?

半年後にまたキャンペーンをしていただけるとは(T_T) 前回の反響が良かったってことですね(T_T) 今回は2個じゃなくて3個というのがまた前回の反響の良さを物語っています。3種類ともほしいですね♪

 

www.youtube.com