いつだって全力なんだ

中島健人くんを見守るブログ。気ままに更新中。

ドロ刑とMission:Kと24時間テレビと…色々

ドロ刑主演おめでとう、健人くん!連ドラは本当に久しぶりですね。エンケンさんとの共演は9年ぶり、その9年前のナイチンゲールの沈黙の頃は健人くんのファンになりたてで、連ドラ・恋して悪魔が終わった直後に、今度はスペシャルドラマに出るなんて、まだ入所1年ちょっとなのにすごいなー!なんて思っていたのを思い出します。それが9年経ってプライムタイムでの主演としてまた共演なんて、本当に嬉しい!
今年、忙しすぎとかスケジュールとかそういう心配は全くしていません。毎日2ヶ月近くジャニワやってた頃に、ドラマや映画や大学の試験に重なり、さらに3人体制で心身ともに弱っていたときの健人くんを知っているから、今、心が安定していて充実しているように見える健人くんは、そりゃ連ドラ主演の期間が大変なのは重々承知ですが、きっとやる気に満ち溢れてエネルギッシュにこなしていくんだろうなと思います。あの頃よりたくさんトレーニングして体力つけているみたいですしね!
原作は始まったばかりのようですし、刑事物だしヒットすればシリーズ化されるかも!?毎回必ず見て話題にして盛り上げていきたいですね。
 
さて、またまた更新が遅くて時差ありまくりですが、2017サマパラ、映像化本当に嬉しかったです!なぜってMission:Kを観に行けなかったからです。元々現場にあまり行けないお茶の間なので、ライブはDVDで観ることが多いのですが、今回発売が遅かったので観る機会がないかもと寂しかったところ、さすがポニーキャニオンさま、1年がかりで発売してくれて感謝です。お蔵入りにならなくて良かった!
 
そんなMission:Kの初見、やはり勝手に涙が…。もう最近は今の健人くんが幸せそうで充実していてそれが心の底から嬉しくて、辛かった時期を思い出すことがあるだけで、勝手に涙が出てきちゃうんです。よかったね、って。
そして私は健人くんのファンですが、いわゆる箱推しではありません。もちろんセクゾもメンバーも大好きだし、応援していますが、健人くん以外のメンバーが出るバラエティは見られないことが多いですし(健人くんの出演番組追いかけるだけで時間がいっぱいいっぱいなのです)、出演ドラマも見られる回を見るという感じです。やっぱり私は中島健人くんが好きなのであり、SexyZoneの中島健人くんを好きになったわけではないから。それはファンになった2009年当時の健人くんが、ジャニーズJr.の、B.I.Shadowの、NYCboys中島健人くんだったので、私の中ではセクゾは後からついてきた感覚というのもあります。
だからこそ、ソロコンはどのライブよりも何度も見ちゃいますね。だってずっと健人くんが歌ってる!踊ってる!最高ですよね。様々な顔を持つ健人くん、その中でもやはり1番好きなのは歌って踊っている健人くん。これはずっと変わっていません。
 
歴代のソロ曲を歌う健人くんを見ていて、
初めてのソロ曲、本当に嬉しかったな。
初めて健人くんが作詞したソロ曲、世界観に心からすごい!って思ったな。
初めて健人くんが作曲したソロ曲、作曲まで!?天才!って尊敬したな。
ピアノ弾き語りのソロ曲、ピアノを弾く健人くんが大好きだからますます惚れたな。
こんな曲調のソロ曲もできちゃうんだ!?
これは健人くんの心の内が見える等身大のソロ曲だな。
などの、歌自体への当時の感想を思い出すと共に、
この曲の頃、健人くんがとても辛そうだったな、大変そうだったな、心配だったな、楽しそうだったな、嬉しそうだったな、という健人くんへの当時の想いと、この曲の頃しんどかったな、励まされたな、キュンキュンしたな、といった私自身の状況もリンクして思い出してしまい、涙なしに見られませんでした。その理由は2016のハニバタに風磨くんが見学に来て、2人の氷河期に雪解けが起きて、Mission:Kは完全に雪解けしたあとでのソロコンだったので、健人くんが幸せと安心の中でやっていられることがひしひしと分かったからです。
 
そして、愛してる愛してない、のようなJr時代に歌っていた曲は、当時と比べて本当に表現力豊かになって大きくなったなと感動し、でもJr時代の健人くんだってかっこよく真っ直ぐに歌っていたから変わって欲しくないところは変わってなくてすごいなって感心したり、感情が忙しかったです。
あと、歌やダンス、音楽で愛を届けていきたいと言ってBelieveを歌った意味を考えてみたり、極楽蝶バンドをまた見ることができるなんてとニンマリしたり、健人くんがたくさんのファンの子達に愛されていることが改めて分かり、そこが一番嬉しかったり。そして何より健人くんからの愛をたくさん感じたライブでした。
 
最初のLoveKenTVと比べると、ライブの構成やライティングやステージなど、格段に魅力的にアップしていて、3年でこんなにもグレードアップして、これからますます楽しみに思います。今年は24時間テレビもあり、ソロコンはありませんでしたが、素晴らしい3年に渡る三部作でした!いつかまたソロコンがあることを願って…。もっと広い会場なら最高!
 
ソロコンとは全く関係ないですが、風磨くんが雑誌で健人くんに対して、「彼はいつだって全力なので」と語っていて、私も常々そう思っていてブログタイトルにしているくらいなのですが、そのどんな状況下でも(BIが解散したときもセクゾが3人体制にされてしまったときも)健人くんがいつだって全力に取り組んでいたことが気に入らなくて反抗していた風磨くんが、今はそれを迷いなく認めて肯定できるようになったんだなぁというのが本当に感慨深かったです。雪解け、本当に本当に良かった。今の健人くんの表情の柔らかさを見ることができてホッとしています。
セクゾは周りの大人による戦略も含めて、スタートから色々遠回りしてきてしまって、なかなか真っ直ぐ進んで来られなかったけど、ここ1、2年はやっと真っ直ぐ進めている気がしています。他のみんなもいつだって全力で貪欲に取り組んで欲しいなと思います。もっと欲持っていいんだよ!ファンもますます応援するのみですね!
 
訳あってもう10年以上24時間テレビの視聴は避けてきたけど、今年の24時間テレビは最初から最後まで目を逸らさないで見ることができました。24時間テレビの大まかなストーリーは変わってなかったです。でも、偽善ってよく言われる番組だけど、今年はそれを感じませんでした。これは完全にセクゾの本物の愛の力のおかげかなと思います。
石森章太郎役もばっちりでしたね。昭和な健人くん、様になっていましたね。今年もたくさん演技のお仕事、嬉しいです!
 
さて、ドロ刑は中盤ですね。まだまだ楽しみは続きます。現場で年上に囲まれて、周りに甘えられているって雑誌で言っていたので、よかったねとしみじみ思っています。座長として引っ張る現場ばかりだったけど、今回は甘えられていて、しかも自分でそう言えるのが、健人くん変わったなって心から思います。安心しました。
ドロ刑、主題歌がセクゾで嬉しい。両A面とはいえ、一番最初の楽曲になっているのも嬉しい。Make my dayはカラフルeyesの次で2番目だったから。
ラクリだらけのテンダネス、早く手にしたいですね。そしてドロ刑のあとはすぐにニセコイ。平成最後を駆け抜けていますね!
あとはゴチがんばってー!どうか来年も健人くんのゴチ、見られますように。